ブログトップ
絵本
ちょっと昔、子供の頃
絵本をもらって喜んでいた記憶はありますか?

自分が記憶に残っているのは2冊の本
今ではよくある、昔でもあったとは思いますが
注文してその子供の名前を入れてもらって物語の中で活躍してるもの
その名前を受け取った身代わりに親がこうなってほしいという願いを乗せる物
その記憶にある2冊は自分の名前が刻まれた本
なぜか捨てられずずっと残っている本

それは光を取り返す物語
魔女に光を奪われた世界でやさしさ、勇気を持って光を探しにいく
試練があればそのやさしさに救われ
やさしさの上に成り立つ勇気を持って立ち向かい
光を取り返した物語

それは仲間の物語
仲間とともに目標に向かって進んでいく
時には共に嘆き励ましあい
最後には目標を達成して、喜び合う
友情を深めた物語


なんとなく夢を見て、絵本ちっくな絵を見たら思い出したのでなんとなく
夢は昔の部活の人たちが出てくる話でした
+案外出てくるやくざ?の雑居ビル?に入り込んで盗みを働くシーン
前の部分はともかく、後ろの部分は何なのでしょう;;
絵の方は世界を旅するお話でした

二人が目指すは「願いがかなう世界の果て」
自分は殴られて連れて行かれました
途中で強い仲間ができました(殴られもせずです
しかし「世界の果て」には門がありました
その鍵は「どこかにあるものでもなく、実は誰でも持っているものでもあり、けれども失われやすく、しかし何よりも強いもの」らしいのです
道なき道を通り抜け「世界の果て」はもうすぐです
「自分はきっと見つけたんだ」答えを見つけたのです
探せばどこかにあったはずのもの
そう、それはね・・・・・・・なんだと思う?

あなたには心に残る特別な1冊はありますか?
[PR]
by gekka_setuna | 2005-11-07 13:56 | 普通の日記